プログレスチェック

トライズ|第8回プログレスチェックと第15回グループレッスン

トライズ|第8回プログレスチェックの内容

前回の宿題はこちらでした。

・スピーキング

新しい範囲の「Part3の11から最後まで」を中心に、本のすべてを日本語から英語に即座に変換できること。

・リスニング

Program7~9をシャドウイングできるようになること。

スピーキング

今回は新しい範囲を中心に勉強したので、その範囲に関してはばっちりでした。

ですが、以前の範囲はあまり手がまわらなくて・・・。はじめて答えられない問題がありました。ショック・・・。

英語も日本語と同様、同じ意味で、いい回しが違うということは往々にしてあると思うのですが、本に載っている文すべてを正確に覚えておくのは無理があります。

例えば「なぜ英語を勉強することは重要なのですか?」という文。

本に載っていたのは「Why is learning English important?」だったのですが、私の回答は「Why is it important to learn English?」でした。

本の暗記という観点ではNGですが、やはり話すための英語。

担当コンサルタントさんは、「自分で文章を組み立てられるようになったってことですよ!すごい!」と褒めてくれました。

正確に暗記はできていなかったですが、きちんと出来ていることは出来ていると褒めてくれるのが嬉しいところです◎

あとは私がよく間違えるものとしては「He」と「She」の間違いと、時制の間違い。

これはびっくりするくらい混同します。

私の場合、日本語を読まれた時点で、まず頭の中で使う英語の型(文型)をチョイスし、そのあとにその型に主語などを当てはめていくという感覚で英作文しています。

文型がファーストプライオリティーになっていて、それ以外がおろそかになっている結果だと思います。

最後に付け加える「in the morning」「tomorrow」「at night」、信じられないくらい抜け落ちます。

これ・・・、 直せる自信ないです。。

リスニング

今回はわりとうまくいきました!

途中で、隣の部屋で会話?レッスンしている人の声が大きすぎて、意識がそちらにいってしまった間にシャドウイングし損ねたということはありましたが・・・。

おおむねOKです。イントネーションもほめられました。

ですが、やはりまだ口先だけで話しているようで、前回同様、「もっと声を低く、おなかから声をだすように」と言われました。

英語は深いところから発話する言語のようなのですが、「喉を開く」という感覚もまだわからずに苦戦しています。

次回のプログレスチェックまでの宿題

今回でスピーキング、リスニングともに2冊目が終了したので、3冊目にはいっていきます!!

スピーキング

この本の前半は文型シャッフルトレーニングが収録されています。

しかし、もうすでに2冊目で単語帳をシャッフルした練習によりカバーできていることなので、この部分は飛ばして、130ページの文型コンビネーショントレーニングからはじめることになりました。

最低10パート、いけそうだったら15パートが課題なので、単語帳を作りながら様子をみようと思います。
(後日追記。結局15パート実施しました)

この教材を使うに当たり意識することは以下の2つ。

  • 文法を整理する意識を持つこと
  • 丸暗記ではなく、文章を組み立てていく感覚で英作文すること

リスニング

つ!い!に!映画スクリプトのプラダを着た悪魔です。

いよいよ、リスニングが本格化するという印象です。

担当コンサルタントさん曰く、映画の中でも比較的英語がゆっくりのパート、すっごく速いパートがあるようです。

まずは比較的ゆっくりめの「Chapter4:アンディの変身」から入ることとなりました。

この本の第一の目的は「音と文字のギャップに慣れる」こと。

文字に引っ張られないように、すべての練習段階において音を中心にすることを念押しされました。音のつながり、リズム・・・。

手順は以下の通り。

  1. 文字を目で追いながら、音声を100%聞けるまで音声を聞く
  2. テキストを見ながらの音読を、音声と1秒もずれることなく100%できるようになるまでやる
  3. テキストを閉じてシャドウイング(言わずもがな100%できるまで)
  4. 意味を理解

今回の手順のポイントは、各段階100%できるようになるまで次に進まないこと。

ただし、4番目の意味の理解は、意味が分からないと気持ち悪いのであれば、2番目のときにやってもOKだそう。

音声は、特定の場面からスタートしやすいように、また、同じフレーズを何回も聞きやすいように「超字幕」を使います。

この超字幕、きっと使いこなせたら便利なのでしょうけれど、使い方を説明しているサイトが少なく、イマイチまだ使いこなせていません。

たまたま購入したときにセールで、普段より安くかえてラッキーでした♫(2018/05/06まで実施しているようです)

通常はアプリ想定らしいですが、私はアプリ版とPC版二つ買ってしまいました(笑)

トライズ|第15回グループレッスン

前回ちょっと愚痴っぽく書いてしまったグループレッスンですが、今回は楽しく過ごせました。

というのも申し訳ないことに私の誤解だったかもしれません。

前回、言いよどむ時間が長い!むきー!と私が思っていた方は、仕事が忙しくトライズを数か月間休会していたそうです。

なので、まだ脳みそが英語モードになっていなかったのでしょう。今回は気にならないくらいの速度でお話しされていました。

過去の話となりますが、私が入会して2回目のグループレッスンでトライズを卒業されたメンバーがいたのですが、その方もしばらく休会していたそうです。

卒業のレッスンが、休会明けのレッスンだったそうで、本人が「全然英語がでなくなってびっくりした」と言っていたので、継続が大きいんだなとしみじみ思ったことを覚えています。

グループレッスンメンバーと飲み会

グループレッスンメンバーとはじめてレッスン後に飲みに行きました。

いつもは英語なので、日本語に比べたら相対的に口数が減るのですが、飲み会は日本語だったので、いろいろ話せて楽しかったです。

お互いの勉強状況や悩みを共有しあったり、テキストを見せ合いっこしたり、モチベーションを上げる動画などを教えてもらったりと刺激を受ける時間になりました。

残りの期間も切磋琢磨して、励ましあっていけたら嬉しいです。

トライズのこの「1年で1000時間」という圧倒的な時間を勉強するメンバーの集まりなので、連帯感もありますし、英語を使えるようになるために本気で勉強しているメンバーと出会えるのもトライズの特権かもしれません。

本気で英語を話したいなら「トライズ」