トライズ復帰体験談

【体験談】祝☆トライズ卒業(2回目)

あっという間に1カ月が過ぎて、トライズを卒業しました!

これにてトライズ復帰体験談も終わりですが、今回の体験を総括したいと思います。

トライズで1カ月過ごした結果

Versant

まずはわかりやすく、Versantの観点から見ていきましょう。

1カ月間で53点から57点にアップしました。

トライズに復帰を決めたときのVersantがこちら、53点でした。

そして卒業したときがこちら、57点でした。

点数が高くなればなるほど点数が上がりにくいと言われている中で、1カ月で4点上がったのは成果と呼んでもよいと思います。トライズ1回目の点数アップ(34点⇒46点)は、主に自主学習のスピーキングとリスニングのおかげだと思っていますが、今回、つまりトライズ2回目の点数アップ(53点⇒57点)はオンラインレッスンのおかげな気がします。ネイティブコーチの私に話をさせる誘導がすごくうまかったおかげで、短時間で自分の意見をまとめていう練習を重ねられたと思います。

PLEDGE

続いて、トライズ入会時に作成したPLEDGEの観点です。これは・・・、1カ月で到達できる目標ではないのもあり、1カ月で劇的にある程度量のある自分の意見を言えるようになったかというと、答えは「NO」です。

しかしながら、この目標があったからこそ、1日3時間という勉強時間を確保して勉強しようと思うので、やはりPLEDGEは有効だと思います。1年この学習を続けたら、達成できるとも思います。

英語中級者が上級者になるためにはどうすればよいか

トライズに1カ月間復帰するにあたり、テーマ「英語中級者が上級者になるためにはどうすればよいか」を設定しました。

ここ1年ほど自分の英語力が伸び悩んでいると感じており、ブレイクスルーをするための魔法を探していました。

自分の英語力を伸ばしてくれたトライズなら、またブレイクスルー出来るのではないかという期待もあり、今回1カ月復帰を決めました。

【トライズ体験談】初回コンサルティングを受けてきました(2回目)無料カウンセリングを経て、入会を決めると、お次は初回カウンセリングです。 トライズ初回コンサルティング前の準備 初回コンサルティング...

上記記事にも書きましたが、結論から言うと、やはり英語学習に魔法はありません!

トライズに限ってお話しすると、初級者でも中級者でも上級者でもメソッドは同じです。フレーズ暗記(スピーキング)にシャドウイング(リスニング)です。それが1番有効だと確信があるからでしょう。

上級者になればなるほど、自分の好みに合わせて教材を選ぶ自由も出てくると思いますが、常にメソッドはフレーズ暗記にシャドウイング。そしてわたしもトライズのメソッドに賛成です。無意識ながらも、トライズを卒業してから続けているのも海外ドラマで集めたフレーズの暗記に、PodcastやYoutubeのリスニング、気が向いたらたまにシャドウイング。

英語力に自信がなくなると、今の方法で正しいのか疑い出して、違うメソッドを探してしまうことは多いと思います。でもそれはそれでいいのかなと思います。いろんなメソッドを試したとしても、英語に触れ続けていることが重要だと思います。そしてなんだかんだやっぱり有効だなと思う方法に戻ってくるものです。そのことがわかったトライズ復帰でした。

注意点

今回の復帰体験談は、ある程度英語が出来るようになってからのトライズ体験談です。

今、「英語が出来な過ぎて辛い」と思い、トライズへの入会を考えている方は、このブログの最初の方、1回目の「全然英語が出来ない、辛い」という時期のトライズ体験談の方が、より参考になるかもしれません。

1回目体験談のスタートはここからです。

【トライズ体験談】無料カウンセリングを受けてきましたトライズの無料カウンセリングの内容を公開します。 「トライズに興味があるけれど、入会するかはわからない…。無料カウンセリングに行っ...

まとめ

これにて復帰体験談は終了です。

あまり参考になることは書けなかったかもしれませんが、実際にトライズを体験して、感じたことをそのまま書いています。

私は、英語で実際に外国の方とコミュニケーションが取れて、英語が出来るって楽しい!と思えるようになるレベルまでトライズに引き上げてもらったことが、トライズに入会して1番よかったことだと思っています。

楽しいと思えるレベルまで行くと、トライズに頼らずとも自分で英語に触れ続けることが出来るようになります。今、私にとって、英語は勉強というよりもむしろ趣味です。

英語でたくさんの方と話せるようになって、文字通り、世界が変わりました。つい2週間前もバス停でたまたま一緒になった外国の方とお友だちになりました。昨年は海外研修に参加し、さまざまなバックグラウンドを持つ人たちと議論できました。仕事では、英語が必要な時に頼られるようになりました。

英語が出来ないことがコンプレックスで、英語から目を背け続けてきましたが、あの時頑張って本当に良かったです。1年で1000時間も勉強することは簡単ではありません。飲み会も減らし、たとえ参加したとしてもオンラインレッスンに間に合うように切り上げることも多々ありました。平日が忙しかった週は、土日で10時間勉強したりもしました。もう1回出来るかと言われたら、やっぱり出来ないです。

でも、あの時、トライズで1年間頑張ったから、今の私がいます。

トライズ|The 15th week1週間目の勉強内容と時間の記録。 1週間の学習目標 トライズで推奨されている学習のベースは1週間に20時間学習。 1日の学習時...

上記記事のトライズ受講105日目を見てみてください。今楽しいことが多くてすっかり忘れていましたが、トライズ受講中は辛いことも多かったです。

でも、今の私は当時の担当コンサルタントさんが言ってくださったとおり、「そのおかげで今こんな世界にいるよ!」「こんな経験ができたよ!」「こんな人たちに会えたよ!」って言っています。

今、英語が出来たらと願い続けている方がいらしたら、ぜひ、トライズでこの1年間だけ頑張る、と決めてみてください。

自分の世界を変えましょう。

トライズ公式サイトはこちら