勉強方法

私のすごいところ、と同時に弱点でもあるところ

今日は私の英語学習における強みと弱みを語ってみます。

自分でもすごいな、と思うところは、行動力があるところです。でも、それの裏返しで、一つのこと(今回の場合、勉強法)に腰を落ち着けられないという弱点にもなっています。

それが顕著に出た最近の出来事を、恥ずかしながら公開します。

トライズ2回目卒業時、ライティング不足に気づく

最近の英語に関する悩みは、複雑な文章が作れず、同じフレーズをずっと使いまわしていることです。

以前、記事にもしましたが、その話をネイティブコーチのひとりにしたときに、「複雑な文章が作れないのは、ライティングが足りないからだよ」と言われました。

トライズのネイティブコーチとのオンラインレッスン体験談トライズのオンラインレッスンと、DMM英会話やレアジョブのようなオンライン英会話って何が違うのだろうと思ったことはありませんか? ...

ブログでも、日記でも、創作小説でもいいから、英語で書くといいよ、と勧められました。

1、外国人と交換日記を楽しむ

たまたまFacebookの広告で、以下のサービスを知りました。

サイトを全部バーッと見て、あ、これはよさそかも、と思いました。

簡単に書くと、1週間で最大3往復、外国人との交換日記を楽しめます。ちなみに1回の日記は150単語まで書くことができます。(実際150単語を超えてしまったりしますが、今のところ特に何も言われたことないです)

体験トライアルが1週間980円で受けられたので、ひとまず体験してみよう!と思い、そのまま申し込みました。

実際に体験してみると、サポートも比較的手厚く、ライティングの練習にもなりそう!と思ったので、そのまま半年間コースで申し込みました。

2、英語でブログを書き、オンライン英会話で添削

ライティングの練習をしよう!と考えたときに、まず英語でブログを書こう、と思いました。そしてそれを、オンライン英会話で添削してもらったらいいと考えました。

1回目のトライズを卒業した時から、Camblyというオンライン英会話をずっとしていて、1週間に1回30分のコースを1年分購入しています。

予約なしで24時間いつでも受講可能!【Cambly(キャンブリー)】

Camblyで添削をしてもらおうと考え、実行しました。しかしながら、30分しかないのでバタバタ終わってしまうことも多く、十分ではないと感じてもいます。

もっと落ち着いて、どうしてその添削後の言葉の方がbetterなのかも含めて、しっかり教えてもらいたいなという思いもあります。

これからオンライン英会話の回数を増やすかは検討中ですが、交換日記でライティングの勉強をしていると思えば、このブログはもっと緩く続けてもいいかな、とも思っています。

グローバル研修でカタカナ英語と指摘される

会社が外部と提携し、この5カ月ほど週に数回のペースでグローバル研修を受けていました。

ビジネスにおけるグローバル力を高める研修で、すべて英語で行われた研修でした。

といっても、前提に英語がある研修だったので、英語のことも多少注意を受けますが、基本はビジネス実践力における研修でした。

先日、最終回を迎え、5カ月にわたる集大成の研修を1日がかりで受けました。

そのあと個人個人のフィードバックを受けたのですが、そこでのフィードバックが大ショックでした。

ビジネス力に対するコメントは一切なく、英語に関するコメントのみでした。要約するとこんな感じです。

単語と単語のコネクションが弱いね。ちょっとカタカナ英語っぽい感じもある。シャドウイングするといいよ

これの何がショックだったって、今まで5カ月、会議のファシリテーターの仕方、電話会議での対応方法、ビジネスメールの書き方、ロジカルな話し方、プレゼンの仕方などを学んできたのに、フィードバックが英語のこと!?ってことです。

他の人は、「すごいこの5カ月間でコンファームの仕方がうまくなったね」とか「あなたの話し方は、ロジカルな話し方が適用されてていいね」とかコメントもらっていたのに、「あなたの一番の問題は、コネクションが弱いこと」って言われたわたしって・・・。

この5カ月なんだったの、と思うと同時に、ビジネス以前に英語が問題ってこと?というマイナス思考も働き、この日は本当に研修後大泣きでした。(注:もういい歳です)

でもこうなったら完璧にシャドウイングできるようになってやる!と思い、Youtubeをあさりました。

その結果、結局、完コピできるのが強いかな、という結論にいたりました。

1、TEDICT

完コピを目指すうえで、参考になったのはこちらの動画です。

これを見てTEDICTを速攻買いました。かなりかなりかなり根気がいりそうですが、今はこのやろー!という気持ちでいっぱいなので、音声を0.5倍速から初めて、息まで真似すべく取り組み中です。

ちなみにこの方のなりきり具合もとても参考になりましたし、すごい!!と何回も見てしまったので貼っておきます。

 

2、シャドテン

シャドウイングについて検索をしているときにこちらのサービスを知りました。

私のモットーのひとつが「やってみないとわからない」なので、7日間の無料お試しに甘え、えいっと申し込み、いま体験中です。

課題動画をシャドウイングし、LINEを通して送る、Good pointとImprovement pointが返ってきます。

自分でも録音して聞いたりしますが、自分の声に慣れすぎてしまい、音声通りなのかわからなくなってしまうこともあったので、第3者からの視点でのフィードバックがもらえるところに魅力を感じました。

体験が終わったら、また詳しくご紹介したいと思っております。

トライズ2回目卒業後の勉強を時系列で並べると

2020/12/9

トライズ2回目を卒業し、その後はライティングを英語学習の中心に据え、趣味と実益を兼ねて多読をしようと思いました。

洋書を読み、ブックレビューを英語で書けば、ライティングの練習にもなるし、一石二鳥では!?と思い、まずは本を読もう!と思いたちます。

ミステリーが好きなので、ミステリーで洋書を調べたときに、「2019年アメリカで一番売れた本」とのキャッチコピーで売っている以下の本が気になりました。

上記は翻訳版ですが、原題は「Where the Crawdads Sing」です。


Where the Crawdads Sing (English Edition)

そして読み始めて数ページで思います。

全然読めないっっっ!!!

情景描写がかなり豊かな本らしいのですが、自然界のワードを知らない私にとってはまったくわからない。挫折しました。

そして、やっぱり多読に入る前にもっと語彙を増やした方がいいかもと思いました。

そして始めた語彙力増強と、文法やり直しが、前回の記事のこちらです。

トライズ卒業後、語彙力向上のために多読中1回目のトライズ卒業から、休み休み続けているのが多読です。 今日はその多読について、思うことがあったので、お話します。 多読...

要するに、下記2冊を買い、やり始めました。

語彙力用

文法用

2020/12/24

いったん多読をストップし、語彙力と文法力強化に乗り出したので、ブックレビューも書けない。ライティングは別で続けたいからなにかないかな、と探したときに、「外国人との交換日記」のサービスに出会ったわけです。

2~3日は、公式サイトを読んだり、体験談を読んだりしましたが、結局はやってみなければわからない!ということで、とりあえず無料体験1週間を申し込みました。

そしてこれは楽しかったので、そのまま続けています(※この間、単語帳と文法問題集も続いています)。そのうち飽きてしまう気もするので、いったんは半年のコースです。

2021/1/21

交換日記のサービスをやりながらも、やはりライティングの練習のために英語でブログを書くのっていい方法だなと思い続けていました。

外向けに出すことで、きちんと単語や文法を調べようと思いますし、それを添削してもらうのもやっぱりいい方法だと思うのです。

あとは、コメントをオープンにしておくことで、外国の方との交流の場にもなったりしないかな、という期待も。

というわけで、ブックレビューのサイトではなくなりましたが、新たなブログを英語ではじめました!書いてすぐに、Camblyで添削もしてもらいました。

まだ始めたばかりですが、Camblyのレッスンに合わせて1週間に1回記事を出すくらいののんびりペースで続けたいなと思っています。

2021/1/26

そして・・・、先ほど大泣きしたと書いた忌まわしき研修の日を迎えます。

この研修の前までは自分の目下の目標は、「語彙力増強」「文法再勉強」の2点に絞られていたのに、それが吹っ飛ぶくらいの衝撃でした。

そしていまや一番の目標が、「英語らしい話し方」になってしまいました。

2021/1/28

これを書いている日です。この2日間の間にインターネットで調べた結果、シャドテン、TEDICT、VoiceTubeのサービスを手当たり次第に取り組みました。

そうしているうちに気持ちも落ち着いてきました。

いろいろ手を広げすぎていて、自分でも自分の守備範囲がわからなくなっています。このメソッドジプシー感もやばいです。

2021/1/29

シャドテンをしていて思ったのですが、リンキングが出来るようになったからって、ネイティブみたいな発音になるわけじゃないなということです。

つながりは感じますが、ただ、カタカナ発音で、言葉がつながっているだけ・・・。

自分の録音を何度も聞くからよくわかります。

なんかもうよくわからなくなっているついでに、発音矯正に特化したスクールも見てみようとインターネットで調べ出して、以下2つの無料体験を申し込みました。

・ハミングバード

・DISCOVERING SOUNDS

総括

まだまだ迷走は続きます!次から次へと自分で課題を探しに行っている感が否めないですが、とりあえず疲れるまでは・・・。

でも、この約1カ月半の間に、私が試していることの数、多くないですか?「やってみなきゃわからない。やってダメだったら、素直にやめよう」と思っているので、こんなにお尻が軽いです。

もちろんこの性格にいい面も悪い面もありますが、考えすぎて行動が出来ない方がいらっしゃいましたら、こんなに適当でいいんだ!って思っていただけたらと思って書きました。

一応、トライズは1年間続きました(笑)以上!

トライズ公式サイトはこちら